今年もイチローの【10分の1しか評価されていない】松井秀喜の評価…ミネソタ ツインズ

あの人は今? 和田アキ子とデストロイヤー の番組で 出ていた マギーミネンコ どうしてますかね シェリーも どうしてますかね せんだみつお は ごくごく たまに まだ ナハナハ 言ってますね補足ガセ情報は無視です

うろ覚えなので不正確なのですが、昔見た『あの人は今』でそれぞれ紹介されていたところによると、マギー・ミネンコは某大リーグ球団(ミネソタ・ツインズだったかなあ)の事務局員、シェリーは大阪でスナックのママをやっていると言っていたように記憶しています。
ただし、それにしても10年以上前の情報だと思いますが・・・。

2011/10/1 20:03:46

横浜ベイスターズに在籍するブレット・ハーパー選手の父は元ツインズの名捕手だったのですか?

横浜ベイスターズに在籍するブレット・ハーパー選手の父は、Brian Harper(ブライアン・ハ―パー)です。
私は、彼の現役時代(1985年)に、そのサインをもらったことがあります。
たしかに、おっしゃる通り、元ミネソタ・ツインズの捕手でした。
ただ、『名』捕手というのは、明らかに誉めすぎだと思います。
B.ハ―パー選手は、捕手としてドラフト指名を受けましたが、マイナー時代に打撃を買われて外野手に転向。
MLB在籍16年ですが、ツインズに移籍するまでの8年間で、外野手としての出場は107試合、捕手としての出場はわずか6試合にとどまりました。
B.ハ―パーが再び捕手として試合に出場するようになったのは、MLB9年目のこと。
1988年、ツインズがベテラン捕手のT.ラウドナー(こちらは名捕手で日米野球でもMLB代表として来日しています。
)の後釜として、B.ハ―パーをFAで獲得したのです。
B.ハ―パーは、ツインズ在籍6年間(1988~93)の内5年間(1989~93)がチームのレギュラー捕手でした。
さて、B.ハ―パーの捕手としての実績です。
B.ハ―パーの捕手としての守備は極めてお粗末なものでした。
捕手としてのレギュラーは5年間でしたが、エラーの数はその内の4年間がリーグワースト3。
盗塁阻止率は3年間がリーグワースト1。
2年間がパスボールがリーグのワースト1です。
ただ、ガッツあふれる守備は定評があり、特に3塁走者に対するホームのブロックには定評がありました。
一方、打撃に関しては一流でした。
ツインズ時代6年間の通算打率は0.306、48HR、346打点です。
また、特に三振の数が少ないことにかけては、MLBトップクラスでした。
最後にまとめましょう。
『横浜ベイスターズに在籍するブレット・ハーパー選手の父は、元ツインズのレギュラー捕手でした。
打撃は打率3割を超えて特に三振の少ない巧打者でしたが、捕手としての守備は残念ながら2流でした。
』B.ハ―パー(背番号12)が先発マスクをかぶった、1991年ワールドシリーズ第7戦。
1対0で完封勝利をあげて世界一になりました。
↓http://www.youtube.com/watch?v=BT_MODis138

2010/9/28 00:00:02

イチローは今年も10年連続安打達成など相変わらずの偉大な活躍を遂げ大リーグでもその功績が大きく称えられ高い評価も得ていますが、日本では巨人偏重のメディアが意図的に無視したり軽んじるのは何故でしょうか?.=====★ Ichiro Suzuki: Best Hitter in Major League Baseball Historyhttp://network.yardbarker.com/all_sports/article_external/mariners_…October 23 2010 Ichiro Suzuki recently proved he is the greatest hitter in Major League Baseball history. He had his 200th hit for the 10th straight year in the United States. This is a feat no hitter has ever achieved.★Mariners right fielder Ichiro Suzuki who racked up his Major League-record 10th consecutive 200-hit season in 2010 was named the Most Dependable Player of the Year in Friday’s Greatness in Baseball Yearly (GIBBY) Awards announced on MLB Network. http://seattle.mariners.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20101217&conte…Most Dependable? Ichiro of courseMariners star honored with GIBBY Award for his excellenceBy Greg Johns / MLB.com | 12/17/10 10:01 PM EST補足★イチローは【大リーグ歴史上最高の打者だ】★イチローが【最も信頼出来るプレーヤーの第一位に選ばれる】

日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜: 【 打撃だけは一流クラス 】イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「超一流」であることを証明した。
そして、2001年のシーズンMVPに続き2007年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
【註:超一流と言えるのは王や張本、落合、金田、イチロー(=中でも走攻守に超一流の特別な存在)など数人であり、長嶋でさえ過大評価されなければ一流である】松井秀喜は日本では「打撃だけは一流で、他の全てのプレーが二流以下」にすぎない選手で、行く前から小生など、タクシーの運転手さんや野球ファン仲間(何故か巨人ファンがいないが)と「あの程度では、まあ無理に決まっているだろうな。
」で一致。
皆さん、なかなか見る目がありますな。
・・・事実大リーグでいえば得意の打撃でさえ「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
その上、あの守備と盗塁さえできない走塁は頂けない。
なぜそんな松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、●「キミは松井派かイチロー派か」という本が出ていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
何故、松井秀喜の顔が不愉快になってしまったのだろうかと思うと残念でならない。
が、全てはマスコミの責任だと慰めている。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で。
百年に一人の選手であることに間違いはない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか。

2010/12/31 21:42:09

エンゼルスの松井秀喜は今シーズン持ちますか?ヤンキースを解雇されて、またエンゼルスも解雇されるのかと心配で見てられないです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042601165

日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに一流 】松井秀喜: 【 少なくとも打撃は一流 】平成になって大リーグへ行った野茂投手で人気が上がった。
ノーヒット・ノーランを2 回達成したり三振記録を作ったりした。
さらに数年後にイチローが、大リーグに行った。
イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「ゴキブリ勝負師」であることを証明した。
そして、2007 年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
・・・・・このときのランニング・ホームランには粟粒の立つようなゾクゾクした興奮で、久しぶりであった。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
松井秀喜は日本では「打撃だけは一流」にすぎない選手で、(註:超一流ではない。
超一流と言えるのは王や長嶋、金田、イチローなど数人である)行く前から小生など、乗り合わせたタクシーの運転手さんと「あの程度では、まあ無理ですな。
」お客さん、なかなか見る目がありますな。
・・・・・事実大リーグでいえば「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
なぜ松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
松坂は、慣れるまでに時間はかかるだろうがあるいは30歳過ぎには一流の大リーガーになるかも知れない。
オールスター・ゲームに選出された選手をみればわかるであろう。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、「キミは松井派かイチロー派か」という本がでていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で、肩の強さなど、レーザービームと呼ばれている。
百年に一人の選手であることに間違いはない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか。

2010/6/22 16:26:04

今シーズンも現在まで松井秀喜はイチローの【10分の1】しか評価されていません。
イチロー : 10.5Million dollar福留孝介 : 3.2Million dollar松井秀喜 : 1.2Million dollar↑今シーズンも、早くも現れたこの大きな評価格差をどう思いますか? http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=1101&position=OF http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=1659&position=OFhttp://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=3263&position=OFこれはアメリカでは在り来りの正当な評価ですが、日本のマスコミが何故か他の選手や野球ファンを不愉快にさせるほど迷惑になるのも構わず、必死に過大評価しているので大いに勘違いしているのですが、松井秀喜のエンゼルスでのスタンスは二線級の選手評価で代わりはいくらでもいるというものです。
日本での全盛期のころの松井が打線にいれば役に立つのでしょうが、アメリカへ行った途端にパフォーマンスががた落ちし、更に衰えた今では打線にいてもいなくてもそんなに影響はないという程度のものです。
ヤンキース時代と同じように、今シーズンも MVP voting point は1ポイントも獲得できないことが早くも決まってしまいましたね。
それに、守備や走塁や、今の松井のスタンスでは当然やらなければならない細かく緻密なプレーさえ三流クラスです。
それが松井秀喜のプレースタイルと言ってしまえば仕方がないのでしょうが、打撃力がここまで落ちてしまっては野球選手としての評価さえされない程度の選手になってしまいます。
自分がエンゼルスの優勝を願うGMの立場だとしたら、松井秀喜を解雇してカブスで不当な扱いを受けている福留孝介か同等レベルの選手を打線や守備に加えたいと思いますがね。

日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜: 【 打撃だけは一流クラス 】イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「超一流」であることを証明した。
そして、2001年のシーズンMVPに続き2007年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
松井秀喜は日本では「打撃だけは一流で、他の全てのプレーが二流以下」にすぎない選手で、【註:超一流と言えるのは王や長嶋、張本、金田、イチロー(=中でも走攻守に超一流の特別な存在)など数人である】行く前から小生など、タクシーの運転手さんや野球ファン仲間(何故か巨人ファンがいない)と「あの程度では、まあ無理に決まっているだろうな。
」で一致。
皆さん、なかなか見る目がありますな。
・・・事実大リーグでいえば得意の打撃でさえ「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
その上、あの守備と盗塁さえできない走塁は頂けない。
なぜそんな松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
松坂は、慣れるまでに時間はかかるだろうがあるいは30歳過ぎには一流の大リーガーになるかも知れない。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、「キミは松井派かイチロー派か」という本が出ていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
何故、松井秀喜の顔が不愉快になってしまったのだろうかと思うと残念でならない。
が、全てはマスコミの責任だと慰めている。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で。
百年に一人の選手であることに間違いはない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか。

2010/6/23 21:34:59

松井秀喜の過大評価は他の選手の悪口を言ったり無視したり馬鹿にしたりしてやっと成立するのだということは誰もが知っていることなのですが。
.日本の野球選手を褒めるのでさえ二流以下の松井秀喜だけだという徹底ぶりです。
お陰で、日本のマスコミの野球に関する記事は二流以下の松井秀喜を粉飾しなければならないため、イチロー選手や他の選手を馬鹿にしなければならないようなお粗末なものばかりになってしまっています。
↑全ては巨人にべったりの日本のマスコミの仕業です。
そんな松井秀喜は果たして日本の野球界やスポーツ界や多くのファンのために役に立つような存在なのでしょうか?いつ考えても不愉快で仕方ないのですが、そんな松井秀喜は傍迷惑で邪魔な存在でしかないですよね?松井秀喜のファンは自分と松井秀喜さえ良ければそれでいいと思っているのでしょうか?———–ところで、松井秀喜のファンの【松井ヲタ】がこんな馬鹿っぽい質問をしています。
こんな質問で他人を騙せると思っていられるほど知能が低いのですが、日本の誇りのイチロー選手への日本国民を欺くような悪行を続けられるのはそんな低い知能のせいだと思いませんか?↓http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042659215tajimi_okinawa_nikko=松井秀喜のファン【松井ヲタ】http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/tajimi_okinawa_nikko

松井という存在自体が日本の野球界にとって最悪なのは確かだね。
ゴルフやサッカーの記事重視なのは松井以外の野球選手を無視しようとの馬鹿げた企みが有るせいだそうだからね。
◇日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜: 【 打撃だけは一流クラス 】イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「超一流」であることを証明した。
そして、2001年のシーズンMVPに続き2007年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
松井秀喜は日本では「打撃だけは一流で、他の全てのプレーが二流以下」にすぎない選手で、【註:超一流と言えるのは王や長嶋、張本、金田、イチロー(=中でも走攻守に超一流の特別な存在)など数人である】行く前から小生など、タクシーの運転手さんや野球ファン仲間(何故か巨人ファンがいない)と「あの程度では、まあ無理に決まっているだろうな。
」で一致。
皆さん、なかなか見る目がありますな。
・・・事実大リーグでいえば得意の打撃でさえ「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
その上、あの守備と盗塁さえできない走塁は頂けない。
なぜそんな松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
松坂は、慣れるまでに時間はかかるだろうがあるいは30歳過ぎには一流の大リーガーになるかも知れない。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、「キミは松井派かイチロー派か」という本が出ていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
何故、松井秀喜の顔が不愉快になってしまったのだろうかと思うと残念でならない。
が、全てはマスコミの責任だと慰めている。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で。
百年に一人の選手であることに

2010/6/23 18:23:45

松井秀喜は打撃も決して一流とは評価されていませんが、アンバランスなプレースタイルは有名なようです。
そんな野球選手を打撃だけで粉飾するための【一人芝居】用の質問と回答は数知れないほど存在します。
.それもある意味仕方がないのでしょうが、イチローへの厭味まで言って松井秀喜を粉飾するのはなぜでしょうか?不愉快で仕方がないくらいですがどうなのでしょうか?因みに、この質問者と回答者の三人はすべて同一人の松井秀喜狂の【松井ヲタ】です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1453593024

日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜: 【打撃以外の殆んどのプレーが三流 】イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「超一流」であることを証明した。
そして、2001年のシーズンMVPに続き2007年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
【註:超一流と言えるのは王や張本、落合、金田、イチロー(=中でも走攻守に超一流の特別な存在)など数人であり、長嶋でさえ過大評価されなければ一流である】松井秀喜は日本では「打撃だけは一流で、他の全てのプレーが二流以下」にすぎない選手で、行く前から小生など、タクシーの運転手さんや野球ファン仲間(何故か巨人ファンがいないが)と「あの程度では、まあ無理に決まっているだろうな。
」で一致。
皆さん、なかなか見る目がありますな。
・・・事実大リーグでいえば得意の打撃でさえ「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
その上、あの守備と盗塁さえできない走塁は頂けない。
なぜそんな松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、●「キミは松井派かイチロー派か」という本が出ていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
何故、松井秀喜の顔が不愉快になってしまったのだろうかと思うと残念でならない。
が、全てはマスコミの責任だと慰めている。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で。
百年に一人の選手であることに間違いはない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか。

2011/1/20 22:18:15

二流以下の松井秀喜を過大評価できるのはプロ野球経験者でもなく、優れた野球選手が如何に尊敬すべき存在なのかも理解できないような自称野球評論家だけしかいないと言われていますが。
なぜ、松井秀喜はそんな素人軍団にだけにしか好かれないのですか?また、そんな素人軍団だからこそ、松井秀喜の粉飾の過大評価のために、日本国民を欺いて日本国民として最も尊敬すべき存在のイチロー選手の捏造の悪口まで仕立て上げるほどのことまでして悪口を言えるのですか?

二流以下の松井秀喜だと分かっているはずだが。
日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜 : 【 打撃だけの一流】平成になって大リーグへ行った野茂投手で人気が上がった。
ノーヒット・ノーランを2 回したり三振記録を作ったりした。
さらに数年後にイチローが、大リーグに行った。
イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「超一流」であることを証明した。
そして、2007 年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
・・・・・このときのランニング・ホームランには粟粒の立つようなゾクゾクした興奮で、久しぶりであった。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
松井秀喜は日本では「打撃だけは一流」にすぎない選手で、(註:超一流ではない。
超一流と言えるのは王や長嶋、金田、イチローなど数人である)行く前から小生など、乗り合わせたタクシーの運転手さんと「あの程度では、まあ無理ですな。
」お客さん、なかなか見る目がありますな。
・・・・・事実大リーグでいえば「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
なぜ松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
松坂は、慣れるまでに時間はかかるだろうがあるいは30歳過ぎには一流の大リーガーになるかも知れない。
オールスター・ゲームに選出された選手をみればわかるであろう。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、「キミは松井派かイチロー派か」という本がでていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快な気分になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
攻走守どれをとっても超一流で、肩の強さなど、レーザービームと呼ばれている。
百年に一人の選手かもしれない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか。

2010/6/20 21:51:53

超一流のイチロー選手10年目の今年でメジャー(投手・野手全選手中)で最高の選手に評価される。
米国の野球ファンの間でもイチローの評価は高く、【メジャーで最高の選手】と評価する声もある。
地元シアトルでは非常に人気が高く、熱心なマリナーズファンのみならず、現地の子供達の間でも、スーパースター的な位置づけを受けている。
2007年には、シアトルの地元紙が企画したファン投票で、地元選手の人気第1位に輝いた。
2005年にスーパーボウル進出を果たしたNFLチーム、シアトル・シーホークスでリーグMVPに輝いたRBショーン・アレキサンダーをも凌ぐ快挙に、マルティネス球団マーケティング担当重役もあらためてイチローの存在感に驚かされたという。
(以下略)松井秀喜の評価は知りません、知っている方おりますか。

メジャーからの評価、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜: 【 打撃は一流クラス 】平成になって大リーグへ行った野茂投手で人気が上がった。
ノーヒット・ノーランを2 回達成したり三振記録を作ったりした。
さらに数年後にイチローが、大リーグに行った。
イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「ゴキブリ勝負師」であることを証明した。
そして、2007 年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
・・・・・このときのランニング・ホームランには粟粒の立つようなゾクゾクした興奮で、久しぶりであった。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
松井秀喜は日本では「打撃だけは一流」にすぎない選手で、(註:超一流ではない。
超一流と言えるのは王や長嶋、金田、イチローなど数人である)行く前から小生など、乗り合わせたタクシーの運転手さんと「あの程度では、まあ無理ですな。
」お客さん、なかなか見る目がありますな。
・・・・・事実大リーグでいえば「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
なぜ松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
松坂は、慣れるまでに時間はかかるだろうがあるいは30歳過ぎには一流の大リーガーになるかも知れない。
オールスター・ゲームに選出された選手をみればわかるであろう。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、「キミは松井派かイチロー派か」という本がでていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で、肩の強さなど、レーザービームと呼ばれている。
百年に一人の選手であることに間違いはない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか。

2010/6/22 18:44:18

今年もイチローの【10分の1しか評価されていない】松井秀喜の評価が試合に出ているにも関わらず、評価の数値が下がって行くのは何故なの?エンゼルスは勝っているのに松井秀喜は何の役にも立っていないから?.今シーズンも現在まで松井秀喜はイチローの【10分の1】しか評価されていません。
今日(6月23日)もイチローの評価が上がって、松井秀喜はその存在さえ否定されるくらいに下がって来ています。
イチロー : 10.5Million dollar→ 10.9Million dollar福留孝介 : 3.2Million dollar松井秀喜 : 1.2Million dollar→ 1,1Million dollar↑今シーズンも、早くも現れたこの大きな評価格差をどう思いますか? http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=1101&position=OF イチロー http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=1659&position=OF 松井秀喜http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=3263&position=OF 福留孝介これはアメリカでは在り来りの正当な評価ですが、日本のマスコミが何故か他の選手や野球ファンを不愉快にさせるほど迷惑になるのも構わず、必死に過大評価しているので大いに勘違いしているのですが、松井秀喜のエンゼルスでのスタンスは二線級の選手評価で代わりはいくらでもいるというものです。
日本での全盛期のころの松井が打線にいれば役に立つのでしょうが、アメリカへ行った途端にパフォーマンスががた落ちし、更に衰えた今では打線にいてもいなくてもそんなに影響はないという程度のものです。
ヤンキース時代と同じように、今シーズンも MVP voting point は1ポイントも獲得できないことが早くも決まってしまいましたね。
それに、守備や走塁や、今の松井のスタンスでは当然やらなければならない細かく緻密なプレーさえ三流クラスです。
それが松井秀喜のプレースタイルと言ってしまえば仕方がないのでしょうが、打撃力がここまで落ちてしまっては野球選手としての評価さえされない程度の選手になってしまいます。
自分がエンゼルスの優勝を願うGMの立場だとしたら、松井秀喜を解雇してカブスで不当な扱いを受けている福留孝介か同等レベルの選手を打線や守備に加えたいと思いますがね。

もはや松井秀喜は日本の野球界の邪魔者です。
日本時代の評価でさえ、イチロー : 【 走攻守全てに超一流 】松井秀喜: 【 打撃だけは一流クラス 】イチローは日本では「超一流」であるが大リーグではどうだろうか。
ところが、あの活躍である。
一年目の開幕戦でいきなりマルチヒットを放ち、その後も順調にヒットを積み重ねた。
MLBオールスターゲームでのファン投票では337万票を獲得し、日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となるなど、アメリカにおいても評価されるようになる。
この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王となった。
首位打者と盗塁王を同時に獲得したのは1949年のジャッキー・ロビンソン以来2人目、新人でアメリカンリーグの打撃部門を制したのは1964年ミネソタ・ツインズのトニー・オリバ以来2人目。
安打試合数の135試合はロジャース・ホーンスビー、チャック・クライン、ウェイド・ボッグス、デレク・ジーターら4人と並ぶメジャータイ記録で、打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。
新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。
そのほかにも、リーグ2位の得点(127)を残し、得点圏打率(.445)、2死得点圏打率(.460)、2死得点圏出塁率(.558)、走者ありでの打率(.420)では両リーグを通じて1位を記録した。
【新人王】・【MVP】・【首位打者】・【盗塁王】・【シルバースラッガー賞】・【ゴールドグラブ賞】を同時に手にしたのはメジャーリーグ史上、イチローのみである。
記録的な活躍で、チームのプレーオフ進出・シーズン116勝(メジャータイ記録)に大きく貢献した。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01.shtmlシスラーの安打数のシーズン記録はもはや忘れられていたが、イチローの新記録で甦った。
80 年も90 年も前の記録を思い出させたのである。
天才・超人あまた出た中で、イチローにして初めて為しえたことである。
球聖タイ・カップも超えた。
すなわち、大リーグでも「超一流」であることを証明した。
そして、2001年のシーズンMVPに続き2007年のオールスター・ゲームでもMVP を獲得し、名実ともに超一級品であることを証明した。
日本では、なぜか巨人にいたというだけの馬鹿げた理由で松井秀喜が話題になるが、全く理解できない。
松井秀喜は日本では「打撃だけは一流で、他の全てのプレーが二流以下」にすぎない選手で、【註:超一流と言えるのは王や長嶋、張本、金田、イチロー(=中でも走攻守に超一流の特別な存在)など数人である】行く前から小生など、タクシーの運転手さんや野球ファン仲間(何故か巨人ファンがいない)と「あの程度では、まあ無理に決まっているだろうな。
」で一致。
皆さん、なかなか見る目がありますな。
・・・事実大リーグでいえば得意の打撃でさえ「並か並以下」の選手にすぎないことは、数字が証明している。
せいぜい2 割7分か8分程度の選手だし、ホームランも、たとえば今年のオールスターまでの7 年半かかってわずか150 本くらいじゃないか。
その上、あの守備と盗塁さえできない走塁は頂けない。
なぜそんな松井秀喜をニュースにするのか全く意味がわからない。
松坂は、慣れるまでに時間はかかるだろうがあるいは30歳過ぎには一流の大リーガーになるかも知れない。
日米のプロ野球の差は、毎年首位打者争いに顔をだす(これがすごい。
イチローだけである。
)イチローを基準にすれば、肩を並べるところまで進歩しただろうが、その他の選手をみれば、まだまだだ。
日本の新聞はあてにならないが、スポーツ新聞はもっとひどい。
特に松井秀喜の記事は見出しだけ大きくて、中身がない、どころか粉飾まみれで不愉快な気分になるだけだ。
と、ここまで書いてきたら、「キミは松井派かイチロー派か」という本が出ていたのを思い出して、再び馬鹿じゃなかろかと不愉快になってしまった。
イチローや大方の野球ファンに対してあまりの失礼にもほどがある。
マスメディアの馬鹿さもここまで来たら本物やで。
何故、松井秀喜の顔が不愉快になってしまったのだろうかと思うと残念でならない。
が、全てはマスコミの責任だと慰めている。
イチローは今更ながら、走攻守どれをとっても超一流で。
百年に一人の選手であることに間違いはない。
いや、日本でもアメリカでも二人と現れて来ないような全てのプレーに優れ魅力に溢れた選手ではないか

2010/6/25 10:37:26

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする