元西鉄のバーマ選手を知ってますか? 1966年 ネット裏で二男ジョン君…ミルフォーキー ブルワーズ

アリエッタ、アリエタ?の移籍先はブルワーズ?

大本命は、ブルワーズのような・・・?

2018/2/21 18:17:55

ブルワーズ青木は活躍できると思いますか?

活躍できないでしょうブラウンの出場停止処分も無くなりましたから

2012/2/28 19:15:44

ブルワーズの青木は活躍出来るでしょうか?

難しいと思います。
外野手に怪我人とかが出て、使い続ければ打率はそこそこ残せると思いますが、代打や途中出場のの繰り返しでは良い成績は残せないと思います。
ホームランがほとんど期待できそうにないのでなかなか使い続けてもらうのは難しいかと。

2012/4/7 22:43:36

WBC イスラエルはなぜ強いのですか?台湾韓国オランダごぼうぬきwwwwwwww日本は投手がしょぼいのでどちらがきても2次リーグで敗退ですかね??

米国のメジャーにはユダヤ系米国人がごまんといる。
現役では12年に41本塁打でタイトルを獲得したブラウン(33=ブルワーズ)や、昨年まで2年連続25本塁打のピーダーソン(24=ドジャース)らが代表的な選手。
選手ではないが、ヤンキースのスタインブレナー・オーナーやキャッシュマンGMもそう。
そんなユダヤ系米国人がメンバー28人中27人を占めているのが、イスラエル代表です。

2017/3/9 23:38:51

ブルワーズにだけ2年いた青木選手ですが、あとは1年ずつ他球団を渡り歩いています。
どうしてこんなに、所属球団を転々としているのでしょうか?

長期契約してもらえないからです。

2017/6/15 02:46:06

鉄血のオルフェンズ1期で、アストンが出演してる回を全て把握している方はいらっしゃいますか?まだアストンという名前が判明していない頃かもしれません…台詞が無くとも出演しているシーンを見たいのですが、ご存知の方よろしければ回答お願いします。

ブルワーズ編が11~13話、地球編の24・25話ではないでしょうか。
10話に関してはマン・ロディのみの登場で写っていませんでした。

2016/12/29 19:20:22

ブルワーズの監督とGMWBCネタですいません。
ブルワーズのGMは「選手が出たいなら出場OK」一方監督は「みんなでキャンプ入りしたい」と両者正反対の事を言っているんですが、こういう場合決定権があるのは基本的にはどちらですか?

ほとんどの場合、GMですね。
しかし、オーナーの意向がもっと影響される可能性もあります。
かつて「自分のチームの選手は基本的にアメリカ代表以外、出さない」と某チームのオーナーが公言し、実際にWBCに出たがっていたそのチームの主力投手が出られなかったということがありました。
余談ですが、野手の場合はチームとしてもそれほど神経質になることはないと思います。
こう言ってはなんですが、やってる側は「所詮はスケールの大きいプレシーズン・ゲーム」感覚でしょうから。
控えに回されて出番が少なくて不満というケース以外、問題は起きません。
問題はやはり投手の場合です。
チームによって、また投手自身によってシーズン前の調整は様々なのに、WBCに出ることによって思ったような調整ができないということがあり得ますから、どうしても出したくない、出たくない、というチームや選手が多くなってしまいます。

2012/9/7 08:58:11

ブルワーズ青木選手の打撃が復調してきたのではないでしょうか?

自分もそう思います。
5月打率は0.500です。
このまま打率3割まで上げてほしいです。

2013/5/5 12:15:55

ブルワーズ青木のメジャー初スタメンが11日に決定、活躍を期待してもいいですか?

首脳陣は11日の後で、かなり評価されてますね。
3打数1安打1四球の結果よりも、相手投手陣に4打席で合計29球を投げさせたことで地元の新聞は褒めています。
青木自身もインタビューで「ベンチに帰っても、安打と同じくらいの価値があると言われた。
周りの選手からも、いいプレーだったと言われたので、凡退したけど、ちょっとうれしかったですね」と言っています。
相手投手のデンプスターが試合後のインタビューで青木に触れて「歓迎しない相手だね。
今日はもう相手にするのが疲れたよ」と言っています。
良いスタートがきれましたね。

2012/4/13 17:16:33

元西鉄のバーマ選手を知ってますか?1966年ネット裏で二男ジョン君が大声をあげた。
久しぶりに見るパパだ。
昨年暮れ、小児マヒ治療のため京都の聖ヨセフ整肢園に入院、三度にわたる大手術を乗りこえて見違えるように元気になった。
車イスはスタンドのすみにめだたないように置いて、ママ(マーフィーさん)となつかしそうにスタンドにすわった。
しかもこの日はジョン君の九回目の誕生日だ。
パーマがグラウンドでジョン君のことにふれたのは昨年の終盤近く、東京球場で猛打賞をもらったときだった。
「ジョンの病気は重い。
いけないことだがそれが気になって、バッティングに打ち込めなかった。
昨夜第一回の手術が成功した。
ジョンはいつもぼくの成績のことを気にしている。
そのためにもなんとしても打たなければ・・・」そして半年がすぎた。
野球が大好きなジョン君はいつの間にか関西弁をおぼえてしまった。
ラジオでもテレビでも「ライオンズのゲームをやってえへんので、さびしくてたまらん」毎日だった。
初めてジョン君のいる京都での試合。
マーフィー夫人、長女ジュディちゃん(三つ)もかけつけた。
病院から特別の許可をもらってホテルでいっしょに眠った。
ジョン君は毎日勉強と足を強くするためのトレーニングをつづけれければならない。
「きょうはダディ―と一時間半もトレーニングしたんや」流ちょうな関西弁でジョン君はひとみを輝かせた。
そして1ホーマー、2二塁打を含む四打数三安打五打点。
バーマは今シーズン一度も打撃三十傑から落ちたことがない。
ロイ、アギー、ウィルソンとつねに西鉄のほかの外人選手の陰にかくれてパーマはじみな存在だった。
だが堅実な守備はくろうとをうならせるし、ファイン・プレーをバーマほど巧みにこなす選手もいない。
打った球の種類とコースを聞かれたとき笑った。
「どうして日本人はコースと球種にこだわるんだろう」といつもいう。
この日も「バッティングはタイミングだ」と強調した。
「スイングは去年と少しも変わっていない。
ことしいいのはバットの出るタイミングがいいからなのだ。
高低、コースを問わずうまくミートしているんだ」ベンチ前でジョン君にまた大きく手を振った。
マーフィー夫人も答える。
「ジム(バーマ)も頭の中はジョンの病気のことでいっぱいだった。
でももう心配していない。
きっとことしは打ちつづけます」夫妻はファンに囲まれながら肩を並べてジョン君の車を押した。

1949年にシカゴ・ホワイトソックスでメジャー初昇格を果たす。
その後、マイナーリーグでのプレーや兵役を挟み、1961年にシンシナティ・レッズで12年ぶりにメジャー復帰を果たす。
1963年にNPB西鉄ライオンズヘッドコーチの若林忠志に誘われて、ジョージ・ウイルソン、トニー・ロイと共に入団。
仰木彬に代わるレギュラー二塁手として、同年のリーグ優勝に大きく貢献。
1966年にはオールスターゲームにも出場し、1967年までプレーした。
なお、バーマは基満男の守備技術「ウッドペッカー」のきっかけを作った。
日本では筑紫郡春日町小倉(現在の春日市若葉台)に在住。
帰国後は、ヒューストン・アストロズとミルウォーキー・ブルワーズのスカウトを務め、1975年にブルワーズのゼネラル・マネージャーに就任し、1977年まで3年間務めた。
1996年7月8日にペンシルベニア州で、65歳で死去。
通算690試合出場2526打数 635安打 82本塁打 267打点 .251オールスターゲーム出場:1回 (1966年)背番号58 (1949年)11 (1961年)7 (1963年 – 1967年)

2017/1/10 22:44:46

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする