王と皇帝の違い?? 「ピート(ローズ)は今でもキングだが、イチロー…サンディエゴ パドレス

MLB 大リーグ(メジャー)で今日コロラドロッキーズがサンディエゴ・パドレスに勝ち、ワンゲーム・プレーオフを制しナリーグのワイルドカードに選ばれました。
きょうそのシャンパンファイトの動画やサイトしりませんか?松井カズオの喜ぶ動画が見たいので!ちなみにここのサイトhttp://mlb.mlb.com/index.jsp?c_id=col のwatch&listen live の中のスコアボードの点数部分押せばプレーはみられますが、シャンパンファイトがみたいです。
このサイトだとどこの部分でしょうか?ほかのサイトでもいいですユーチューブなのですかねえ

多分見れないと思います。
ユーチューブは一般人が投稿しているわけで、シャンパンファイトの現場には立ち会えないと思います。
mlb.comも写真ならあるかもしれないですが、動画はないと思います。

2007/10/4 13:18:06

サンディエゴ パドレスってどんなチームですか?メジャーリーグとかマイナーリーグとかで何に部類しますか?日本人って誰かいますか?無知ですいません。
教えてください。

ナショナルリーグ西地区の球団同地区には、ロサンゼルスドジャースコロラドロッキーズサンフランシスコジャイアンツアリゾナダイアモンドバックスが存在する。
最近は弱いが、野茂が大リーグに行った、90年代中盤は強豪チームとして、プレーオフ争いの常連であった。
昨年から、大塚晶則投手が中継ぎで大活躍している。
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/mlb/team/2004/mb-team_sdg.h…

2005/3/15 22:36:02

カブス・和田毅投手が週明け?にも復帰との報道がありましたが、どうなんでしょうか?

現地20日のサンディエゴでのパドレス戦に先発すると発表になりました。
タイソン・ロスとのマッチアップ。
マドン監督は和田をたいへん買っています。
レイズ時代に対戦があったようで、「決してパワーピッチャーではないが、見た目以上に球威のあるボールに見せる術を知っている」などと発言しています。
マイナーでは調子がよかったようなので、ぜひ頑張ってもらいたいですね。
なにせ現状、ただ一人の日本人先発投手になるので。

2015/5/18 17:51:24

次のリーグ優勝はいつ?各球団のリーグ優勝が何年後になるか予想してください。
その理由も簡単でいいのでお願いします。
・フロリダ・マーリンズ・サンディエゴ・パドレス・ボルティモア・オリオールズ ・カンザスシティ・ロイヤルズ ・シアトル・マリナーズ

とりあえず再編が行われず、現行のシステムで優勝を決めるという前提で考えてみました。
マーリンズとパドレスは比較的近いうちに優勝できる可能性があると思います。
どちらも経済力に乏しい中できわめて上手にチーム作りをしてきますから、特に投手陣に駒がそろう年があれば、プレイオフを勝ち抜けるんじゃないでしょうか。
長いレギュラーシーズンはリーグで4位に入ればいいわけですから、これはそんなに難しい要求ではないはずです。
その次に可能性があるのはロイヤルズかなあ、と思いますが理由はあとで述べます。
オリオールズは、とにかくプレイオフに出るためには3強のうち少なくとも2つを蹴落とさなければなりません。
そしてそれは、きわめて難しいことでしょう。
3強が自然と弱体化することは考えにくく、オーナーが変わって勝つことへ情熱を傾けなくなるという事態に陥らないかぎり、上から落ちてきてくれることはなさそうです。
まあ、長い歴史のあるレッドソックスとヤンキースには低迷期もあったわけですし、レイズもデビルレイズ時代のようにならないとは限らないでしょうから、とりあえず上位に食い込んで戦国時代を作り出し、どこか2チームが脱落するのを待てば可能性は広がるだろうとは思います。
しかし、そうなるのは10年や20年では難しいんじゃないでしょうか。
マリナーズは、この5チームの中では最も経済力に恵まれていると言えそうです。
しかし「ナ・リーグのメッツ、ア・リーグのマリナーズ」または「東のメッツ、西のマリナーズ」とでも言うべき呪われた状態にあるのが気になります。
獲得した選手はことごとく活躍せず、出て行った選手は活躍するという現象は、そう簡単には治療できないんじゃないかと思えてしまいますね。
まあ、近いところではフィリーズやブレーブズも以前はそんな感じでしたから、脱却は不可能ではないはずで、その点さえなんとかできればオリオールズやロイヤルズよりは優勝に近づけると思いますが、はたして脱却できるんだろうか、と考え込んでしまいます。
いちばん早いかもしれないし、いちばん遅いかもしれない、という極端なチームなんじゃないでしょうか。
というわけで、ロイヤルズを3番手に押した理由は「オリオールズとマリナーズよりはマシだから」という消去法のようなものです。
お金がなくても工夫次第で強いチームを作れることは明白ですし、カンザスシティという土地が呪われているわけではないことも80年代に証明済みですから、良い方向に行けばマーリンズやパドレスのグループに加われるでしょう。
幸い、例年の優勝争いがそんなにハイレベルにはならない地区ですし、やはり投手力を整備できればプレイオフに進めて、なんとか勝ち抜ける可能性は見えてくると思います。

2011/10/30 16:00:07

【500枚】プロ野球スピリッツ2013について投球・打撃フォームのスペシャルBが誰のフォームなのか教えてください!また、フォーム一覧の載ってるサイトがあったら教えてください!

まだないですがもう少しすればプロスピ2013と検索すると攻略サイトが出てくると思うのでそれに載ってるとおもいますよ。

2013/3/28 15:40:07

MLB観戦をしようと考えています。
どこのファンという訳ではなく、MLBが好きなので見に行きたいです。
そこで、①治安②アクセス③球場行くまでのお金が30球団の中で出来るだけかからないところについて教えてください

日本から、という事であればまずアクセスの点で直行便の本数、観光客向けを考えると西海岸、シカゴ、ニューヨークくらいになると思います。
よってMLB本拠地の中での候補はシアトル(マリナーズ)、サンフランシスコ(ジャイアンツ、アスレチックス)、ロサンゼルス(ドジャース、エンゼルス)、サンディエゴ(パドレス)、シカゴ(カブス、ホワイトソックス)、ニューヨーク(ヤンキース、メッツ)の5都市10球団です。
①治安まず前提としてどの大都市にも危険な地域、時間は存在します。
ただ観光客向けの中心地に滞在し、むやみに冒険しなければ問題ない場合がほとんどです。
(観光客を狙った軽犯罪にはどこでも注意です)シアトル:問題無しサンフランシスコ:観光客の多いエリアなら問題無し、但し対岸のオークランド滞在は薦めないロサンゼルス:観光客の多いエリアなら問題無しサンディエゴ:問題無しシカゴ:観光客の多いエリアなら問題無し、ただ周辺には治安の悪い地域も多く、むやみな行動に出ない事ニューヨーク:観光客の多いエリアなら問題無し②(現地到着後の)アクセスシアトル:市街まで30~40分。
球場は地下鉄駅の近くサンフランシスコ:市街まで30~40分。
ジャイアンツの球場は市街から徒歩圏内、アスレチックスはサンフランシスコ市内から電車で15分。
駅直通。
ロサンゼルス:市街まで30分~1時間。
ドジャースの球場は市街からタクシー、バス等。
エンゼルスの球場は隣町アナハイム。
タクシーで40分、電車・バスで1時間半。
サンディエゴ:市街まで10~15分。
球場へは市街から徒歩圏内。
シカゴ:市街まで40~1時間。
カブス、ホワイトソックス共に球場へは市内中心部から電車で15~30分。
ニューヨーク:市街までは到着空港にも依るが、電車で30~40分。
ヤンキース、メッツ共に地下鉄で市内から20-30分。
③予算上記の都市への日本からの航空券は航空会社や乗継有無、時期によって異なりますが、大体片道で7~15万円。
やや西海岸の方が安い位でそう変わりません。
あとは現地到着から球場までの交通費や滞在費が変わってきます。
シアトル:平均的。
移動は公共交通機関でOKサンフランシスコ:滞在費が高い。
移動は公共交通機関でOKロサンゼルス:滞在費が高い。
移動にはタクシーや長距離電車を使う事もあり、この中では交通費も掛かるサンディエゴ:平均的。
移動は公共交通機関でOKシカゴ:平均的。
タクシーを使う際はその分だけ高めに。
ニューヨーク:滞在費が高い。
移動は公共交通機関でOK<まとめ>球団の人気や見応え、野球以外の娯楽を考慮に入れないならば上記条件でお勧めなのはシアトル・マリナーズ、サンディエゴ・パドレスといった所でしょうか。
ただその他の観光、チームの人気を考えると、サンフランシスコ・ジャイアンツ、ロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・ヤンキースの3球団がやはり良いですけどね。

2017/8/30 15:37:32

今季のパドレスの快進撃の要因はなんでしょうか?

なんといっても投手力でしょう。
ここまで17勝のうち6つが完封ですし、それを含めて相手を2点以内におさえた試合が12試合あります。
(1-2で負けた試合も含めて、ですが)先発が、マット・レイトス以外は安定していますし、ブルペンも中継ぎのグレガーソンとムヒカ、クローザーのベルが防御率1点台です。
現時点で、チーム防御率が2点台なのはセントルイス、サンフランシスコ、サンディエゴと、Sのつく3チームが仲良く並んでいるのですが、いずれも勝っていますよね。
打線も、ここまで完封負けがひとつだけと、まずは大健闘と言ってよいでしょう。

2010/5/6 08:02:47

日米の歴代で、一番球の速い投手は誰ですか

現役のシンシナティ・レッズのアロルディス・チャップマンでしょう。
2011年9月24日のサンディエゴ・パドレス戦で史上最速となる105.1mph(約169.1km/h)を記録しました。
MLBも記録として認めています。
あと2014年はシーズンを通してのフォーシーム(ストレート)の平均球速が100mphを超えました。

2015/8/29 13:23:50

バーグマンでええやん。

ショーン・バーグマン南イリノイ大学から1991年にデトロイト・タイガースに入団。
その後サンディエゴ・パドレス、ヒューストン・アストロズ、アトランタ・ブレーブス、再びアストロズ、ミネソタ・ツインズを経て2000年オフにロサンゼルス・ドジャースにトレード。
2001年シーズンに、メジャー昇格まであと少しという時期に、ドジャース副社長であり、日本の大阪近鉄バファローズのスペシャルアドバイザーであったトミー・ラソーダから日本行きを打診され、来日した。
当時の近鉄は投手陣が壊滅状態にあり、3点取られたら打線が5点を取り返す野球で何とか上位に踏みとどまっていた。
そんな中、バーグマンには右のエースとしての期待に応え、長身(193cm)から投げ下ろす威力のあるストレートでたちまち右のエースに成長。
10勝をあげ、特にオリックス戦では5勝をあげ、オリックスキラーとして活躍。
チームの優勝に貢献した。
近鉄が優勝決定した9月26日の対オリックス戦(大阪ドーム)でも先発しているが、この試合は5回途中4失点で降板している。
2002年はチームの開幕投手に指名され、勝利投手となった。
だが、元々球種のバリエーションが少ない投手で、得意だったオリックスにも攻略されるようになる等、わずか4勝に留まり、期待を裏切る成績だった。
前年の2001年の同時期に来日したパウエルは、年齢が若く、かつ、「伸びしろ」があることから翌2003年以降もチームに残留したのとは対照的に、バーグマンはこの年限りで退団となった。
近鉄退団後は米球界に復帰し、2003年にはフロリダ・マーリンズ傘下のAAAチームに、2004年にはボルチモア・オリオールズ傘下のAAAチームに所属し、シーズンオフにフリーエージェントとなるが獲得球団はなく、そのまま引退している。
バーグマンでいいです。

2015/9/13 19:45:19

王と皇帝の違い??「ピート(ローズ)は今でもキングだが、イチローは皇帝。
2人とも王位だ」の意味を教えて下さい-抜粋-http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/06/16/kiji/K2016061601…マーリンズのイチロー外野手が15日、パドレス戦で2安打を放ってメジャー最多記録を抜く日米通算4257安打に到達。
偉業達成にパドレスの本拠地サンディエゴのペトコ・パークも祝福ムードに包まれた。
イチローのすごさは米国の人々にもしっかり認められている。
サンディエゴ在住で海兵隊員のアーロン・ブルックスさん(38)もその一人。
「ピート(ローズ)は今でもキングだが、イチローは皇帝。
2人とも王位だ」とのメッセージカードを掲げて祝った。

これは多分ピート・ローズが日本のメディアの騒ぎを批判して、「日本人は俺をヒットのクイーンにしたいのだろう」と言ったことが元になっていると思います。
用は、自分がキングで、それは譲らないと。
MLB記録という意味ではローズが言う事が正しくもっともなのですが、ローズは以前から言いたい放題言うことで殿堂入りの実績とは別にMLBファンから煙たがれているところがあります。
今回もただしいことを言っているのに言えば言うほどアメリカ人の中にもイチローを立てる人が出てきています。
ローズの言った事を念頭に、キングはローズだけど、イチローは皇帝だとイチローを讃えるとともにローズを牽制しているのではないでしょうか?それにしても、イチローが4257安打した時の落ち着いたコメントが、つまらない論争がある中で素敵ですね。
多分アメリカ人もそう言う態度も評価していると思いますよ。
実際、ローズに「まずあなたがイチローに連絡しておめでとうを言え」と言うようなコラムを載せているアメリカ人記者もいます。

2016/6/20 22:25:26

貴重なご回答有難う御座います
成程、仰る通りだと思いました
今後どのような展開になるのでしょう
今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します
皆様の貴重なご回答、心より感謝致します

★naruhodo、吃驚(@_@)!です>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする