MLBトロント・ブルージェイズ傘下のマイナーリーグA+級ダニーデン・…トロント ブルージェイズ

東京ドームで1・2塁間と2・3塁間になぜ直線が引かれれていたのですか?MLB仕様ですか?

MLB仕様です。
ちなみにベースラインよりスリーフィート内側のラインです。
トロント・ブルージェイズの本拠地・ロジャースセンターがこのようにしています。

2014/11/16 20:55:27

ブルージェイズ本領発揮gaakondoです。
トロント・ブルージェイズが絶好調です。
10連勝中シーズ始当初は低迷が続いてましたが、ここにきて本領発揮です。
投手陣は王が加わり、ディッキーやバーリーも復調。
ブルージェイズのワイルドカードいや、地区優勝も夢では無いですね。
そんなブルージェイズについて質問があります。
川崎についてです。
昨日ホームランを放ちましたが、来週にはレイエスがDLから復帰しますが、川崎の残留が気になりますね。
チームメートは、人気者の川崎をメジャーのロスターに残してほしい、と願っていますが、ギボンズ監督はどう言った選択をすると思いますか?川崎の残留はトロントのファンも願っていることだと思います。
たぶんブルージェイズ好調の理由の一つに川崎のキャラが含まれていると思います。
川崎の残留について、alex_rod_4224さん、解説お願いします。

ようやく前評判通りの活躍ぶりになってきましたね。
これでア・リーグ東地区はよりいっそう面白くなります。
やはり崩壊していた先発ローテにワンやロジャースが加わり、バーリーが復調してきたのが大きいでしょう。
ジョンソンやディッキーはまだ不安定な試合もありますが、抑えるときはしっかり抑えてくれます。
先発が安定することでリリーフもコンディションを整えやすくなりますし、相乗効果も生まれます。
元々良かったリリーフや打線に先発が安定してきたことがジェイズ好調の最大の理由ですね。
さて川崎についてですが、彼の人気ぶりには本当に驚かされます。
ムードメーカーとして数字以上の活躍をしていることには間違いないですし、日曜には飛行機の中で踊ってたりもしていましたね。
肝心の数字も、出塁率はMLBの平均水準以上を保っており、あまり四球を選ばない川崎がすっかりスタイルチェンジできていることに適応力の高さも伺えます。
彼はおそらくチームメイトや監督からものすごく評価されているはずです。
そして幸運にもボナファシオがかなりの不調に陥ってもいます。
ボナファシオの長所は抜群のスピードと内外野を守れるユーティリティ性ですが、ここをジェイズがどう考えているかでしょう。
私ならボナファシオを解雇しますが、こういう場合はMLBは契約上の問題も出てきますから、そういう面で一番解雇しやすいのは川崎です。
ただ今のところはボナファシオ解雇で川崎残留の可能性は低くないのではないかと思います。
補足川崎がマイナー落ちしてしまいましたね。
契約上の問題なので仕方ないですが、ファンやチームメイトも残念がっていることでしょう。

2013/6/26 15:10:14

メジャーのトロントブルージェイズはなぜ1チームだけカナダ何ですか?

もともとモントリオール・エクスポスってチームと2チームあったんだけど、ワシントン・ナショナルズになって本拠地をアメリカに移したので、1チームになっちゃったってことだと思います。

2012/5/3 20:59:25

ブルージェイズの川崎選手は、今日凄い歓声を浴びていました。
現地で人気者なのでしょうか?ユニークなキャラクターで、明るい人だというのは伝わってきます。

さっそくファンの心をつかんでいるようですね。
フィールドに出たとき、日本流のおじぎをするパフォーマンスを真似する観客もいるそうですし「川崎コール」も起こっているようです。
去年の時点で、いろいろとおもしろい選手だということはけっこう知られていたでしょうから、トロントのファンにしてみれば「実際に見てみたらほんとうにおもしろいやつだった」ということじゃないでしょうか。
常に一所懸命にプレイする選手が人気を得る傾向は、どこのチームでも同じだということだと思います。

2013/4/20 14:18:19

トロントブルージェイズは、アメリカ合衆国にある球団の拠点で戦う時にわざわざ国際線の手続きをいつもとってるのでしょうか?めちゃくちゃしんどそうなんですが・・・

それは違います。
USAとカナダ国民と両国の正規ビザを取得している者は簡易な手続きのみで行来できます。
ですから、国内線の搭乗手続き+入国審査と同じです。
また、MLB選手等は、特別搭乗ゲートを利用します。

2013/7/4 12:26:16

アメリカ大リーグのチーム名と所属地区をすべて教えて下さい。

アメリカン・リーグ東地区ニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックスボルティモア・オリオールズトロント・ブルージェイズタンパベイ・レイズ中地区デトロイト・タイガースクリーブランド・インディアンズシカゴ・ホワイトソックスミネソタ・ツインズカンザスシティ・ロイヤルズ西地区オークランド・アスレチックスロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムヒューストン・アストロズシアトル・マリナーズテキサス・レンジャーズナショナル・リーグ東地区アトランタ・ブレーブスフィラデルフィア・フィリーズニューヨーク・メッツワシントン・ナショナルズマイアミ・マーリンズ中地区セントルイス・カージナルスシカゴ・カブスシンシナティ・レッズピッツバーグ・パイレーツミルウォーキー・ブルワーズ西地区ロサンゼルス・ドジャースサンフランシスコ・ジャイアンツサンディエゴ・パドレスコロラド・ロッキーズアリゾナ・ダイヤモンドバックスこうしてみると両リーグとも中地区に老舗の球団が集中してますね。

2014/10/17 09:38:46

大変、参考になりました。
有難うございました。>

ブルージェイズでも人気者となった、川崎選手のマイナー降格は、避けられないのでしょうか?レイエスが復帰するようですが・・。

ムネリンは残留?降格?地元紙が“シナリオ”披露サンケイスポーツ 6月25日(火)18時23分配信米大リーグ、ブルージェイズの正遊撃手、ホセ・レイエス内野手(30)が26日(日本時間27日)に故障者リスト(DL)から復帰する可能性が高まった。
地元トロントの新聞は24日、川崎宗則内野手(32)を含め他の降格候補3選手(ワグナー、ペレス、マゴワン)がマイナー行きとなった場合の“シナリオ”を報じた。
レイエスは4月12日のロイヤルズ戦で左足首を捻挫しDL入り。
その後順調に回復、6月24日に3Aバッファローで試合に出場し、首脳陣から昇格のゴーサインが出された。
その交代要員として川崎のマイナー降格の可能性が高まった。
川崎はレイエス不在の約2カ月間遊撃を守り、全力プレーと独特のパフォーマンスで人気者となった。
地元紙トロント・スター電子版は、「彼がチームに与えるエネルギーを割り引くべきではない。
彼はファンに愛されているのと同じように、チームメートにも愛されている」と評価。
ブ軍のチームメートやファンから降格を惜しむ声も上がっている。
同紙は川崎の他に降格候補である3人の中継ぎ投手の名前を挙げ、レイエスが復帰した際にブ軍が取る可能性のある“シナリオ”を披露した。
右腕のワグナーは、降格後も必要なときにメジャーに戻れるオプションを持っている。
しかし、11イニング 防御率0.82の安定感で中継ぎ陣には欠かせない。
左腕のペレス(12イニング 防御率0.00)も好投を続けているが、中継ぎ陣の他の3人の左腕と競合する。
ただ、ペレスを降格させるにはウエーバーにかけなければならず、他球団に移籍させなくてはならない。
右腕のダスティン・マゴワン(3イニング 防御率5.40)は重要な場面を任せられておらず、成績も振るわない。
川崎が残留するとなれば、マイナー降格の第一候補となる。
http://jaysjournal.com/2013/06/25/what-should-toronto-blue-jays-do-…川崎が降格した場合は「多くのファンを失望させる」とした。
しかし人気とは裏腹に打率はわずか.220、OPSも.613でしかないという厳しい現実があり、試合の終盤ではしばしば代打を送られることも多い。
ただし、9月にロースター40人枠に入ればメジャー復帰できるチャンスもあると強調している。
仮に降格や戦力外通告にあったとしても、長いシーズン必ずチャンスがあり、他球団の可能性もある。
「声が掛かればどこへでも」「控えでも何でも」という気概さえ持っていれば、必ずやチャンスは巡って来る可能性がある。

2013/6/26 05:48:09

ニューヨーク・ヤンキースとトロント・ブルージェイズ、どちらのチームに地区優勝して欲しいですか。

田中がいるヤンキースです。

2015/9/17 15:50:32

2013年のMLB ワールドシリーズはズバリ、トロント・ブルージェイズVSシンシナティ・レッズで決まり!

戦力的にはそうなる可能性はそれなりに高いでしょう。
しかし、ブルージェイズはまず、アリーグ東地区というメジャーでもっとも勝ち抜くのが大変な地区にいます。
そのため、地区で星を奪い合う可能性があります。
そして、レイエスは怪我が多い、カブレラは薬物問題が依然あり、バティスタは怪我あがり、リンド、ロウリー、ラスマスは伸び悩み気味と野手の方は実は不安定な部分もあります。
トレードでマイナーの有望株を放出したため、主力に怪我があった時に代わりの選手がいないという問題もあります。
一方、レッズは主力、控えとともに充実しており、プレーオフ進出の可能性は高いでしょう。
レッズに関してはシーズンよりもポストシーズンの方が難しいでしょう。
ナリーグのプレーオフ候補はナショナルズ、ブレーブス、ジャイアンツ、ドジャースなど非常に勝ち抜くのが困難です。
(もちろんブルージェイズが容易というわけではありませんが)

2013/3/8 09:07:17

MLBトロント・ブルージェイズ傘下のマイナーリーグA+級ダニーデン・ブルージェイズに所属しているショーン・ピーター・オチンコ(Sean Peter Ochinko)という選手の苗字「Ochinko」の由来は、何でしょうか?(-o-)/

数年前からネット上では結構有名な選手ですね。
アイリッシュ説とかロシア説とかいろいろ出ていますが、私はロシア移民説を推します。
1930年のアメリカの国勢調査で、「Lazar O Chinko(Lazar Ochinko]) 」という人物が「Pauline O Chinko(Pauline Ochinko) 」という人と夫婦で登録されています。
http://search.ancestry.com/cgi-bin/sse.dll?gl=usfedcen&rank=1&new=1…彼らはロシア出身で、各々1905年と1914年にアメリカに入国、ペンシルバニアに住んでいたようです。
その子供と思われる人たちの登録名はすべて「Ochinko」で統一されてます。
その当時ロシア帝国の支配下にあったウクライナに特徴的な名前に「○○チェンコ」という名前があります。
移民として入ってきた「オーチェンコもしくはユーチェンコ」さんが、入国審査の時に「オーチンコ(O Chinko)」と登録されてしまって、その次代から「オチンコ(Ochinko)」になってしまったのではないかと思うわけです。

2012/4/11 16:08:03

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする