ドラフトで9位指名されてプロに入るくらいなら、 大学に進学したほう…ニューヨーク メッツ

今年のメッツの欠点&弱点と言えば何がありますか?

<投手>先発投手のランキングはメジャーでも1,2を争うと言われています。
しかしローテーションの4人(ハービー、デグロム、ニース、シンダーガード)はいずれも過去200イニング以上投げた経験がなく、長期シーズンを通して安定した力を出し続けられるか疑問視されています。
中継ぎでは昨年途中に迎え入れた大物のタイラー・クリッパードが抜けた穴をきちんと埋められるか? 不明確です。
クローザーは昨年の救世主となったものの、2年続けて76試合も登板しているファミリアが疲労蓄積や怪我のリスクがあるのでは?という不安があります。
<打者>外野では、まず主軸のグランダーソンは元々打撃が荒いことと、加齢(35才)から来る衰えはないか?レフトのコンフォルトは2年目のジンクスにはまらないか?昨シーズンの打撃部門のチームMVPと言えるセスペデスはラテン系特有の’ムラッ気’が公私の生活で出ないか?内野では、スター選手のライトは昨年の脊髄狭窄症や死球後遺症から以前のような活躍はもうできないのではないか?デューダは昨シーズンプレーオフの成績が’できすぎ’だったのでは?パイレーツから来たウォーカーとレイズから獲得したカブレラは「プレッシャーの大きいニューヨークという大都会で」昨シーズンと同様の活躍ができるか?<監督>コリンズ監督は元々はエンゼルスや日本のオリックスの評判がよくなかったので、昨年のチームのワールド・シリーズ進出で考え違いをおこし、以前のようにチーメイトと衝突しないか?

2016/3/24 20:53:23

メッツとはどんな意味ですの?

どのメッツでしょうか?もしかして野球の”New York Mets”のことでしょうか?そうであれば、”Mets”は”metropolitans”(都会っ子)を略したものです。

2007/11/6 01:01:46

シティーフィールドでメッツの試合を見ます。
事前にチケット予約して、当日現地でピックアップすることは可能ですか?GWにニューヨークに行く際に、シティーフィールドでメッツの試合を見る予定です。
事前にチケットを購入(予約?)して、当日現地でチケットをピックアップするのがいい(当日買うのは混んでいたりして面倒だから)・・・というのを聞いたことがあるのですが、それは本当でしょうか?本当だとすれば、どのように購入すればいいのでしょうか?どなたか、詳しい方お願いします!!

メッツのホームページからチケットの購入が可能です。
http://newyork.mets.mlb.com/ticketing/index.jsp?c_id=nym該当カードの左側のグリーンの「T」マークをクリックすると、シティフィールドのシート選択画面に移行します。
たとえば3日のジャイアンツ戦だとRegular Ticketで15-457$のチケットがあるようですね。
もうひとつのULTI-MET TICKETというのは、10$プラスで12$分のグッズ購入ができるチケットのようです。
どちらかのチケットの購入数を入力して、シートクラスを選択するようです。
マスターカードでの決済となるようですね。
私は購入したことがありませんので、最終的にプリントアウトがそのままチケットになるのか、チケットとの引換券になるのかはわかりません。

2011/4/30 01:17:39

松坂大輔(33)はもうダメですか?引退近い?かつて「怪物」と呼ばれた西武の男は今、成績がボロボロ・・・楽天の田中将大とは大違い、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%9D%82%E5%A4%A7%E8%BC%94松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 – )は、東京都出身[2]のプロ野球選手(投手)。
現在はフリーエージェント。
2013年インディアンス時代[編集]2月10日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約で合意したことが報じられ[118]、13日に契約。
背番号は西武入団時から付けていた18に変わり、20となった(インディアンスでは18番がメル・ハーダーの永久欠番となっているため)。
スプリングトレーニングには招待選手として参加し、4試合の登板で8イニングを投げ防御率2.25、WHIP1.38の成績を残すが、3月18日に開幕マイナーを通告される。
しかし、マイナーで開幕を迎えた際に球団が支払うボーナス10万ドルを節約する目的で24日に一旦自由契約となり、26日に契約内容を変更したマイナー契約で再契約した[119]。
AAA級コロンバスで開幕を迎え、開幕から5試合に先発するが、与四球率7.84と制球に苦しんで防御率3.92、WHIP1.45の成績を喫し、4月28日のポータケット戦の4回に左脇腹を痛め、故障者リスト入りする[120]。
6月に復帰し、前半戦は12試合の先発で1勝5敗、防御率4.55、WHIP1.39の成績を喫する。
後半戦は7試合の先発で4勝3敗、防御率3.13、WHIP1.21と復調したが、8月20日に契約解除を申し出て自由契約となる[121][122]。
メッツ時代[編集]8月22日にニューヨーク・メッツとメジャー契約を結ぶ[123][124]。
メッツにはレッドソックス時代まで付けていた背番号18の選手はいなかったが、野茂英雄やドワイト・グッデン、デビッド・コーンが付けていた16となる[125]。
コロンバスでの先発登板から中3日で23日のタイガース戦に先発したが、2回までに2本塁打を浴び5回6安打5失点で黒星を喫する[126][127]。
移籍後3試合で12回1/3で15失点を喫していたが、9月15日のマイアミ・マーリンズ戦で7回2安打1失点の投球で初勝利[128]。
移籍後4試合目以降は26回1/3で13安打6失点の好投を続け、初勝利から3連勝を記録してシーズンを終える[129]。
9月にはスコット・ボラスとの契約を解除しSFX社と代理人契約を結ぶ[130]。
10月31日にFAとなった。

2015年は日本に帰るね!2014年シーズン途中入団もありえる!

2014/1/20 23:26:48

アレックスロドリゲスはメッツファンで本当はメッツ希望だったんですか?

本当のようです。
Aロッドは、生まれはニューヨークですが、少年時代をマイアミで過ごしています。
1980年代です。
この当時マイアミでよくテレビ放映されていたのがカブス、ブレーブス、メッツだったそうです。
まだフロリダ(現マイアミ)・マーリンズが創設される前の時代です。
ここから少年時代の憧れの選手がブレーブスのデール・マーフィー、メッツのキース・ヘルナンデスとなっていきます。
そして、チームとして好きになったのが、1986年のワールドチャンピオンになるなど、この当時絶頂期にあったニューヨークメッツでした。
2000年、マリナーズからFAでレンジャーズと契約しますが、後年、実はAロッド本人はメッツ入りを熱望していたと、ニューヨークのメディアが報じています。
代理人のスコット・ボラスが高額契約だけに執着して、Aロッドの声を積極的に聞かなかったというのが真相のようです。

2016/7/19 10:18:04

なぜ三振をたくさんとるピッチャーはドクターKと呼ばれるのですか?ミスターじゃないのか普通

ドクターKとは、かつてニューヨーク・メッツでエースとして活躍していたドワイト・グッデン投手の愛称です。
長身から投げ下ろす160キロ近い速球と大きく鋭いカーブを武器に三振の山を築き、そのピッチングスタイルから、NBAの名選手ジュリアス・アービングの愛称“ドクターJ”と、三振の略称である“K”に因んで”ドクターK”という愛称で親しまれました。

2015/8/13 17:06:05

メジャーリーグに詳しい方に質問です。
ニューヨーク・メッツのピッチャーでデセンスって人がいるんですけど、なんか聞き覚えがあります。
前に日本のどこかの球団にいましたか?

99年頃に巨人にいましたね。

2010/9/16 11:40:37

現代アートにおいての主要都市はどこがあげられるでしょうか?いくつか挙げていただければ有難いです。
ロンドン?ニューヨーク?パリ?

質問文に挙げられている主要都市以外でパッと思い浮かんだのは、イタリアのヴェネツィアです。
もともとビエンナーレとかでも知られていますが、ここ数年~10年くらい、近現代アートの美術館がいくつかできたので、少なくとも私にはそういうイメージがあります。
アメリカ系のグッゲンハイム美術館の分館(といっていいんでしょうかね)ができたのは記憶に新しいところですが、それ以外にもいくつか。
美術館に転用できる古い建物には事欠かないし、ヨーロッパにはいわゆる富の蓄積があるため、お金持ちの実業家等が亡くなった際に、生前の現代美術コレクションを遺贈し、財団化して美術館に…みたいなケースがあるようです。
展示内容や企画展によっては、古い建物のつくりを活かし、展示作品だけでなく、内装も含めてインスタレーション的に見てもらう、といったようなケースもあるようです。
私はヴェネツィアってオールド・マスターとか中世の古い美術品を展示しているイメージしかなかったので、上記のことを知った時にちょっと驚きました。
これ以外では、主要都市とまでは言えないでしょうが、フランスのMetz(日本語表記はメッス、メス、メッツなど)、スペインのビルバオ、オランダのハーグ、ベルギーのアントワープなども浮かびました。
メッスにはポンピドゥー・センターの分館があります。
パリの同センターも建物のユニークさで知られていますが、メッスの分館も、日本人建築家も参加したという、外観・内装とも、ちょっと変わっていておもしろいです。
ビルバオにもグッゲンハイム美術館の分館があります。
グッゲンハイムは世界のあちこちに分館があるようですが…。
オランダというとフェルメールとかレンブラントとか、ブリューゲル、ルーベンスといったオールド・マスターのイメージがあるのですが、ハーグ市立美術館は、近現代美術のコレクションも充実しているそうです。
ヨーロッパは基本的に豊かなので、ある程度の規模の街だと、現代美術館やギャラリーなどがふつうにあって、そうしたイベントや市場もふつうにある、というケースが多いようです。

2014/7/18 13:29:40

元中日のマーシャル選手・ニーマン選手を知ってますか?1963年国鉄の打撃練習をいかめしい顔つきでベンチ前に突っ立ったまま観察したニーマン。
「気楽にやるさ」と江藤の隣に腰をかけてニコニコするマーシャル。
試合前の態度は同じ大リーガーでもまったく対照的だった。
「あれが先発の金田かね」ニーマンは金田のピッチングもみのがさない用意周到さ。
「試合は見たくない」はずのパトリシア夫人も貴賓席で観戦だ。
いいところを見せたいニーマン。
だがスターいじめで定評のある金田にかかってノーヒット。
二人合わせて3三振という成績だった。
杉浦監督は「はじめてだし、金田の調子もよすぎた。
しかたがないよ」とかばっていたが、ニーマンもマーシャルも口をそろえて「金田のスネークボールにやられた」といっていた。
スネークボールとは落差の大きいスピードを殺したカーブのことで、ヘビのようにグニャグニャ曲るという意味らしい。
当の金田は「二人ともいいスイングをしているで。
ボールをよく見て食いついてきよる。
まだ調子を出していないようだが、ワシはきっと彼らは働くとみている。
ニーマンにはすごみを感じるし、マーシャルもスキのないバッティングをしよる」と杉浦監督と同じようなことをいっていた。
昨年渡米したときワールド・シリーズで代打に出たニーマンを見ている金田は、マーシャルとも日米野球で対戦ずみだ。
「金田はいい投手だ。
まったく打ちにくい球を投げる」という二人。
あれでは打てないといわんだかりだ。
カーブをスネークボールといったニーマンが四回の二度目の打席で大きな声をだして文句をいったのもこの球をつづけられて2ストライクをとられたときだ。
スピードには自信があって大きなカーブは目を狂わせたようだ。
それでもマーシャルが八回、三塁側に絶妙の送りバントをみせたのが両外人の唯一のいいプレーだった。
吉田正男氏は「逆逆をついた金田のピッチングが二人の打力を完全に上まわっていた。
スピードにはビクともしない外人でも、カーブでカウントをとられては手の出しようもなかった。
マーシャルは初打席で2-2から一球胸もとをつかれたあと、外角速球をから振り。
第二打席では内角球につまって内野フライ。
ニーマンは第一、第三打席とも2-0、2-2から、第一打席はカーブ、第三打席は速球をみのがしているように、球についていけないのはコンディションが未調整のためだ。
キャンプ、オープン戦とかなりの時間をかけている現在、彼らが調子を出していないのは理解できない」といっている。

マーシャル選手知ってますよ。
1950年にシカゴ・ホワイトソックスと契約し、1958年にボルチモア・オリオールズでようやくメジャー初昇格。
1958年シーズン途中にシカゴ・カブスに移籍し、その後もサンフランシスコ・ジャイアンツ(1960年 – 1961年)→ニューヨーク・メッツ(1962年)→ピッツバーグ・パイレーツ(1962年)と計5球団を渡り歩く。
1963年、日本プロ野球初の現役メジャーリーガーとして中日ドラゴンズに移籍(それまで日本球界では、兵役中にアルバイトとしてプレーしたレオ・カイリーや、ラリー・ドビーなど戦力外通告を受けたメジャー経験者がプレーしたケースはあったが、マーシャルは前年までメジャーのレギュラー野手だった)。
オープン戦では大スランプでファンをやきもきさせたが、公式戦に入るとメジャーの貫禄を見せて打ちまくった。
江藤慎一、ボブ・ニーマン(後に移籍してきた葛城隆雄)とクリーンナップを組んだ。
特に巨人戦には滅法強く、バントヒットも得意にしていた。
1964年6月17日の巨人戦(後楽園)で5回表、マーシャルはレフトフェンス際に大飛球を放った。
レフトの相羽欣厚がジャンプしてこのボールを取ろうとした直前、レフトスタンドのファンが身を乗り出してこのボールを取ってしまった。
球場の観衆は最初は「ホームランか?」と色めきたったが、レフト線審は「ファンがボールを取らなければ捕球できた」と判断してアウトを宣告。
中日側はこの判定を不服として審判団に猛抗議し、一時監督の西沢道夫が「没収試合も辞さない」とベンチ内の選手を引き上げさせたが、球団フロントや球場にいた鈴木龍二セ・リーグ会長の説得もあって「提訴試合」とする事を条件に試合は再開された。
この事は「幻のホームラン事件」としてしばしば紹介されている。
オールスターゲームに3年連続出場を果たし、1964年に中日球場で開催された第2戦ではMVPを獲得。
得た副賞の軽自動車をたいそう気に入って球場への足代わりに使っていたという。
1965年引退。
帰国後はメジャー球団のコーチやマイナーの監督を歴任し、カブス(1974年途中 – 1976年)→オークランド・アスレチックス(1979年)では監督を務めた。
アスレチックス時代は、首位打者に盗塁王を獲得したリッキー・ヘンダーソンをマイナーから抜擢した。
1981年からは親友だった監督の近藤貞雄に招聘され、古巣・中日の一軍総合コーチに就任。
ケン・モッカを日本に紹介したほか、平野謙をレギュラーに押し上げ、1982年のリーグ優勝に貢献。
1983年退任。
その後はアメリカに帰国し、ヤンキース→ホワイトソックス傘下のマイナーリーグ監督を歴任。
1998年にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスの創設に尽力し、現在はチームのシニアアドバイザー(太平洋沿岸地区担当)を務めている。
相手チームのファンの一人が打席のマーシャルに対し、「マーシャルの子供は『子マーシャル』」という野次を飛ばしたところこれが観客に受け、場内は爆笑で包まれたという(「中日スポーツ」記事より)。
NPB通算408試合出場1501打数 402安打 78本塁打 252打点 打率.268MLB通算410試合出場 852打数 206安打 29本塁打 106打点打率.242オールスターゲームMVP:1回 (1964年 第2戦)オールスターゲーム出場:3回(1963年 – 1965年)背番号27(1958年)44(1958年)12(1959年)25(1960年 – 1961年)6(1962年)14(1962年)6(1963年 – 1965年)1(1974年 – 1976年、1979年)62(1981年 – 1983年)ニーマン選手知らなかったので調べました。
ケント州立大学出身。
1948年にシンシナティ・レッズと契約。
1951年9月14日にセントルイス・ブラウンズでメジャーデビューし、初打席初本塁打・その次の打席でも2打席連続本塁打を放つという華々しいデビューを飾った。
デビュー戦の2本塁打はメジャー初だった。
その後、デトロイト・タイガース、シカゴ・ホワイトソックス、ボルチモア・オリオールズ、セントルイス・カージナルス、クリーブランド・インディアンス、サンフランシスコ・ジャイアンツを経て、1963年に中日ドラゴンズに入団。
中距離打者で、シャープなバッティングが売り物だった。
よく、眼鏡をかけてプレーしていたり、国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)の大エース金田正一をよく打ち込んでいたためか、子供たちから月光仮面と言われ親しまれた。
しかし、入団当時36歳という高齢から年齢的な衰えは隠せず、1シーズン限りで退団した。
その年限りで引退。
その後、インディアンス、ドジャース、アスレチックス、ホワイトソックス、ヤンキースでスカウトを務めた。
1985年、カリフォルニア州コロナで58歳で死去。
NPB通算110試合出場355打数 107安打 13本塁打 53打点 打率.301MLB通算1113試合出場 3452打数 1018安打 125本塁打 544打点 打率.295背番号19 (1951年 – 1952年)5 (1953年 – 1954年)18 (1955年 – 1956年)3 (1956年)4 (1956年 – 1962年)20 (1962年)5 (1963年)

2017/4/2 20:32:47

ドラフトで9位指名されてプロに入るくらいなら、大学に進学したほうが良いと思いますか?マネーボールの映画でビリー・ビーン(ニューヨーク・メッツに1位指名された)がピーター・ブランド(ポール・デポデスタ)に「君なら1位指名したか?」と聞く場面があります。
ピーターは「9位指名というところです。
奨学金をもらって大学へ進学(スタンフォード大学に学費免除を約束されていた)したほうが良かったと。
」と言っていました。
私の地元の大学(四国学院大学)出身の天野浩一選手は、ドラフトで10位指名されて広島に入団したそうです。
日本のプロ野球とMLBでは違うものですか?

四国学院大だとロッテの高野投手もそうですね。
昨年ドラフト7位で入りました。
四国学院大→JR西日本→ロッテ高校生であれば、下位指名なら大学経由でもいいかと思います。
家庭に大学進学する余裕があるのであればというのが前提ですが。

大学生・社会人であれば・・・下位指名でもプロ入りしてもいいのではないでしょうか。
たしかにリスクはあります。
ただ、そこまで野球をやってきたというのは、プロ野球選手になりたいという人がかなり多いと思いますし。
夢をかなえるのは、それからの人生において、どのような結果になっても大事なことかなと。
やって失敗するのと、やらなくて後から後悔するのと・・・どちらかを選べと言われれば、やって失敗して次に進んだ方が、納得して人生も歩めそうに思います。

2016/6/23 14:48:11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする