ドーム球場で天然芝の球場はあるのですか?ヒューストン アストロズ

昔、日ハム?にイースラーとか外国人おらんかった?今はイスラム国か?ww

マイケル・アンソニー・イースラー(Michael Anthony Easler 1950年11月29日 – )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の元プロ野球選手(外野手)。
1969年のMLBドラフト14巡目でヒューストン・アストロズに指名され契約。
1973年9月5日の対シンシナティ・レッズ戦(アストロドーム)で、延長11回裏にスキップ・ジャッツの代打として出場しメジャーデビューを果たす。
結果はピッチャーゴロに終わり、この試合の最後の打者となった。
ピッツバーグ・パイレーツ時代の1980年にレギュラーに定着し、1981年にはMLBオールスターゲームに出場した(6回裏の守備から出場し、2打数1安打1四球1得点)。
メジャーでは実働14年で6球団を渡り歩いた。
また、学生時代から「ザ・ヒットマン」の異名でも知られていた。
1988年シーズン途中、トニー・ブリューワとブライアン・デイエットがことごとく怪我で戦線離脱し外国人助っ人選手が不足していたNPBの日本ハムファイターズに入団。
5月19日のNPBデビュー戦で初打席本塁打を記録した。
同年は3番・田中幸雄、5番・大島康徳とクリーンナップを組み、結局最終戦まで4番の座を明け渡すことなく打率.304、19本塁打(いずれもチームトップ)の成績を残し、当時貧弱だったファイターズ打線の中で気を吐き前年に続くAクラス入り(3位)に大きく貢献した。
極端なアッパースイングでフォロースルーでバットをすくい上げる独特のフォームが話題となった。
1989年も開幕から主軸を打っていたが、高齢(当時38歳)と相次ぐ怪我に泣かされ出場機会も減り、最後は肋骨の亀裂骨折で戦線離脱したまま現役を引退。
引退後は、1992年にミルウォーキー・ブルワーズ、1993年から1994年までボストン・レッドソックス、2000年から2001年までセントルイス・カージナルスで打撃コーチを務め、マイナーリーグでもロサンゼルス・ドジャース傘下のAAA級ラスベガスなどで打撃コーチを務めた。
2008年はロサンゼルス・ドジャースで打撃コーチを務めた。
2011年はニューヨーク・メッツ傘下のAAA級バッファローで打撃コーチを務めた。

2015/2/20 23:08:15

アメリカ大リーグのチーム名と所属地区をすべて教えて下さい。

アメリカン・リーグ東地区ニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックスボルティモア・オリオールズトロント・ブルージェイズタンパベイ・レイズ中地区デトロイト・タイガースクリーブランド・インディアンズシカゴ・ホワイトソックスミネソタ・ツインズカンザスシティ・ロイヤルズ西地区オークランド・アスレチックスロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムヒューストン・アストロズシアトル・マリナーズテキサス・レンジャーズナショナル・リーグ東地区アトランタ・ブレーブスフィラデルフィア・フィリーズニューヨーク・メッツワシントン・ナショナルズマイアミ・マーリンズ中地区セントルイス・カージナルスシカゴ・カブスシンシナティ・レッズピッツバーグ・パイレーツミルウォーキー・ブルワーズ西地区ロサンゼルス・ドジャースサンフランシスコ・ジャイアンツサンディエゴ・パドレスコロラド・ロッキーズアリゾナ・ダイヤモンドバックスこうしてみると両リーグとも中地区に老舗の球団が集中してますね。

2014/10/17 09:38:46

大変、参考になりました。
有難うございました。>

大リーグではチーム通算最多敗戦はフィリーズはトップだと思う。
2007年に初めて10000敗を記録した。
翌年に見事にワールド・シリーズ制覇をした。
翌々年もチーム初めて、ナ・リーグ優勝した。
チーム通算敗戦の歴代2位以下を詳細をお願いします。

以下が通算敗戦順です。
(14年8月現在。
旧チーム名時も含む)当然ですが、強豪チームとは言え、歴史が長ければそれだけ上位に顔を出します。
1 フィラデルフィア・フィリーズ(10536敗)2 アトランタ・ブレーブス(10227敗)3 シカゴ・カブス(10052敗)4 ピッツバーグ・パイレーツ(9991敗)5 シンシナティ・レッズ(9910敗)6 セントルイス・カージナルス(9692敗)7 ロサンゼルス・ドジャース(9485敗)8 ボルティモア・オリオールズ(9255敗)9 サンフランシスコ・ジャイアンツ(9251敗)10 ミネソタ・ツインズ(9184敗)11 オークランド・アスレチックス(9032敗)12 シカゴ・ホワイトソックス(8727敗)13 デトロイト・タイガース(8709敗)14 クリーブランド・インディアンス(8678敗)15 ボストン・レッドソックス(8540敗)16 ニューヨーク・ヤンキース(7482敗)17 テキサス・レンジャーズ(4497敗)18 ニューヨーク・メッツ(4399敗)19 ヒューストン・アストロズ(4324敗)20 ロサンゼルス・エンゼルス(4289敗)21 サンディエゴ・パドレス(3914敗)22 ミルウォーキー・ブリュワーズ(3802敗)23 ワシントン・ナショナルズ(3781敗)24 カンザスシティ・ロイヤルズ(3773敗)25 シアトル・マリナーズ(3197敗)26 トロント・ブルージェイズ(3034敗)27 コロラド・ロッキーズ(1848敗)28 マイアミ・マーリンズ(1.837敗)29 タンパベイ・レイズ(1466敗)30 アリゾナ・ダイヤモンドバックス(1381敗)ちなみにですが、08年含めてフィリーズはワールドシリーズ優勝2回、リーグ優勝7回ですので「初めてリーグ優勝」したというのは誤りかと思います。

2014/9/3 13:52:32

ヒルマンの日ハム以降のメジャーでの成績を教えてください

トレイ・ヒルマンのメジャー復帰後の履歴です。
<監督>2008年 (45歳) カンザスシティー・ロイヤルズ75勝87敗 ア・リーグ中地区5チーム中4位2009年 (46歳) カンザスシティー・ロイヤルズ65勝97敗 ア・リーグ中地区5チーム中4位2010年 (47歳) カンザスシティー・ロイヤルズ12勝23敗 シーズン途中で解雇<コーチ>2011-2013年(48~50歳) ロサンゼルス・ドジャースのベンチコーチ2014年(51歳) ニューヨーク・ヤンキーススペシャルアシスタント2015年(52歳) ヒューストン・アストロズベンチコーチ(参照)http://www.baseball-reference.com/register/player.cgi?id=hillma001t…

2015/10/12 02:23:09

日米野球の大リーグ選抜の現時点で発表されてるメンバーについてです。
モチベーションは別として、かなり強力な選手を呼んでる?

現在発表されている選手です。
投手クリス・カプアーノニューヨーク・ヤンキースランディ・チョートセントルイス・カージナルスジェレミー・ガスリーカンザスシティー・ロイヤルズ和田 毅シカゴ・カブス岩隈 久志シアトル・マリナーズ捕手サルバドール・ペレスカンザスシティー・ロイヤルズ内野手ロビンソン・カノシアトル・マリナーズホセ・アルトゥーべヒューストン・アストロズジャスティン・モーノーコロラド・ロッキーズエバン・ロンゴリアタンパベイ・レイズベン・ゾブリストタンパベイ・レイズエリク・アイバーロサンゼルス・エンゼルスアルシデス・エスコバルカンザスシティー・ロイヤルズカルロス・サンタナクリーブランド・インディアンスルーカス・デューダニューヨーク・メッツ外野手アダム・ジョーンズボルチモア・オリオールズヤシエル・プイグロサンゼルス・エンゼルスブライス・ハーパーワシントン・ナショナルズ投手はまだ先発投手が発表されていません。
今年先発メンバーでまずまずの成績を残したのは岩隈だけです。
ガスリーはワールドシリーズではまずまずでしたが、シーズンは成績は良くありません。
野手は今年のオールスターに選出されたのはペレス、カノ、アイバー、アルチューベ、アダム ジョーンズ、プイグです。
ただ、ロンゴリア、ゾブリストは成績が年々下降していますし、ハーパーは毎年故障が多いです。
注目は捕手のペレスです。
守備がアメリカンリーグの捕手の中ではウィータースと並んで素晴らしいです。
他は今年の首位打者、最多安打、盗塁王を獲得したアルチューベ シアトルに移籍しても好調だったカノ ツインズ時代のMVP獲得以降脳震盪の影響で成績は下降していましたけど、今年復活したモーノー そしてMLBを代表する打者になったジョーンズ、そしてプイグです。
打者は長距離打者が少ない感じです現在のメンバーですと、まだMLBベストからすると、60%から70%ぐらいだと思います。

2014/11/3 19:55:09

MLB球団で、中南米選手の育成を得意にしているチームはどこですか? アメリカ南部の球団ほど中南米選手が多い感じがします。

確かにアメリカ南部であれば、中南米系移民が多かったり、文化が近かったりする為、選手によって過ごしやすい環境である事は間違いないですが、その選手が育成期間中に過ごす傘下のマイナー球団は決して、メジャー球団と近い場所にある訳ではないのでなんとも言えません。
南部の球団であれば思いつくのはア・リーグがロサンゼルス・エンゼルス、ヒューストン・アストロズテキサス・レンジャーズ、タンパベイ・レイズ。
ナ・リーグがロサンゼルス・ドジャース、マイアミ・マーリンズアトランタ・ブレーブス、サンディエゴ・パドレス、アリゾナ・ダイヤモンドバックス。
ですが、この中で中南米系選手が上手く育っているなと感じるのはレンジャーズ、ドジャース、マーリンズ、ブレーブスくらいでしょうか。
ここ最近で言えば南部ではないカブス(ソラー、バイエズ)やマリナーズ(ウォーカー)、カージナルス(マルティネス、タベラス)からもいい選手が出てきていますし、地理関係はそこまで無いと思います。
ただ既にメジャー級の実力があるキューバの選手やFA選手が過ごしやすさから南部の球団を選ぶことはあるでしょうね。
そういった選手が快適な環境下で実力を発揮できる事から中南米系の優秀な選手が多い=南部というイメージがあるのかもしれません。
あとは中南米系のFA選手が地理と合わせて重視するのが憧れの選手や先輩が在籍しているかどうかです。
その選手がマイアミがいいよと言えば、マイアミを選ぶ可能性は高まります。
例)ミゲル・カブレラ(当時中南米系の選手が多かったマーリンズに入団) フェリックス・ヘルナンデス(同郷の先輩、フレディ・ガルシアに憧れ、 マリナーズに入団) ロビンソン・カノー(父も元プロで、父と同じヤンキースに入団)

2014/9/1 11:30:27

大リーグで今期待されている若手のアメリカ人選手を教えてください。

以下のサイトに紹介されています。
【MLB】バッターが豊作。
2015年の若手有望株ベスト10!http://news.livedoor.com/article/detail/9842037/これによると以下のランキングになっています。
特に、カブスのクリス・ブライアント選手はオープン戦でも打撃が好調で、開幕こそFA権の関係でマイナーでスタートとなりますが、5月にはメジャーに昇格して新人王の活躍をしてくれると期待されています。
2位のパクストン選手もいろいろなサイトでずいぶん前から今後ブレイクするプロスペクトNo.1と言われてきました。
まずはこの2選手をチェックしてみてはいかがでしょうか?【第1位】クリス・ブライアント(シカゴ・カブス/23歳/三塁手/右投右打)【第2位】バイロン・バクストン(ミネソタ・ツインズ/21歳/外野手/右投右打)【第3位】アディソン・ラッセル(シカゴ・カブス/21歳/遊撃手/右投右打)【第4位】カルロス・コレア(ヒューストン・アストロズ/20歳/遊撃手/右投右打)【第5位】コーリー・シーガー(ロサンゼルス・ドジャース/20歳/遊撃手/右投左打)【第6位】ジョーイ・ギャロ(テキサス・レンジャーズ/21歳/三塁手/右投左打)【第7位】ルーカス・ジオリト(ワシントン・ナショナルズ/20歳/投手/右投右打)【第8位】ジョク・ペダーソン(ロサンゼルス・ドジャース/22歳/外野手/左投左打)【第9位】フランシスコ・リンドール(クリーブランド・インディアンス/21歳/遊撃手/右投両打)【第10位】フリオ・ウリアス(ロサンゼルス・ドジャース/18歳/投手/左投左打)

2015/4/4 19:44:37

メジャーのプレーオフっていつからなんでしょうか?できればヤンキースの日程を教えて下さい。

<4日>[NL]カージナルス対パドレス(セントルイス/午後1時)[AL]ホワイトソックス対レッドソックス(シカゴ/午後4時)[AL]エンゼルス対ヤンキース(アナハイム/午後8時)<5日>[NL]ブレーブス対アストロズ(アトランタ/午後4時)[AL]ホワイトソックス対レッドソックス(シカゴ/午後7時)[AL]エンゼルス対ヤンキース(アナハイム/午後10時)<6日>[NL]カージナルス対パドレス(セントルイス/午後4時)[NL]ブレーブス対アストロズ(アトランタ/午後8時)<7日>[AL]レッドソックス対ホワイトソックス(ボストン/午後4時)[AL]ヤンキース対エンゼルス(ニューヨーク/午後8時)<8日>ヤンキース対エンゼルス(ニューヨーク/未定)レッドソックス対ホワイトソックス(ボストン/未定)パドレス対カージナルス(サンディエゴ/未定)アストロズ対ブレーブス(ヒューストン/未定)

2005/10/3 19:05:55

メジャーリーガーで、数年前ヤンキースにいて成績を残しながらも一旦は引退、だけど地元のヒューストン・アストロズで復帰した…、という人が誰か分かりませんか?体系は太めだったと思います。
名前がどうしても思い出せません(>_<

ロージャー・クレメンス投手でしょ?アストロズから、またヤンキースに出戻りましたよね。
で、今は薬物疑惑で裁判中なのかな?

2009/4/16 19:51:50

ドーム球場で天然芝の球場はあるのですか?

MLBヒューストン・アストロズのフランチャイズとして使用されることを目的に、1965年に建設された 「アストロドーム」 が当初天然芝だった時代がありました。
“アメリカ合衆国のテキサス州ヒューストンにある、世界初のドーム球場。
当初は自然光を取り入れられるように、屋根には4000枚以上の透光性パネルを使用し、天然芝が敷かれた。
しかし、特にデーゲームの際に太陽光が守備をする選手の視線を遮る恐れがあるということで、急遽屋根をアクリル製に変えた。
すると、今度は天然芝が枯れてしまう被害がでてしまった。
そこで繊維を利用した人工芝を世界で初めて開発し、それを「アストロターフ」と命名。
以後世界各地のスポーツ施設に採用されるようになった。
”(ウィキより)下が天然芝時代の 「アストロドーム」 です。

2011/5/14 10:07:15

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする